忍者ブログ
写真、登山、旅、バイク、ガンプラ、ゲームなどなど色んな事に手を出しては中途半端で投げ出したぽち丸の終の棲家。 目指せ最強の暇つぶしブログ。

オススメ記事
評価の高かった記事と僕がドヤ顔で書いた記事をランダム表示


最新記事
最新コメント
[03/11 Agotoban]
[03/03 js]
[02/27 Apurorej]
[02/21 Ariotox]
[02/14 Afukejic]
アーカイブ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
中の人
名前:ぽち丸
tsuinosumikaをフォローしましょう
twitter・mixi・facebookアカウントをお持ちの方は是非フォローお願いします!

フリーライターのお仕事します。雑誌に数度寄稿経験あります。
ギャランティは喜捨で。詳しくは下記メールフォームより。

あと写真撮らせてくれるモデルさんを募集しています。詳しくはコチラ
その他お問い合わせも下記メールフォームより!
Powered by NINJA TOOLS
supporting by
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】 AIONブログサーチ
広告

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




前回までのあらすじ
幾多の挫折や艱難辛苦を乗り越え、男はついにスカイフィッシュ捕獲野営地にたどり着く。
果たして、スカイフィッシュは捕獲できるのか!?

-----------------------------------------------------------


IMG_1886.jpg

やがて、夜が訪れた。
いよいよ、ここからが本番だ。ぽち丸は、慎重にもごしをセットした。




IMG_1878.jpg

風向きや風速、天候、湿度などを勘案してもごしの配置を決める。
もごしをはじめて使うぽち丸であったが、先人達の失敗した経験を下敷きに、出来得る限りリアルなシミュレーションを行った。



IMG_1891.jpg

通常、もごしは中央に餌となるゆで卵を置き、その周りに円を描くように配置する「円形設置法」が一般的であるが、今回の土地形状や風向きなどから、「並列配置法」を選択した。



IMG_1889.jpg

定点カメラを設置し、寝ている間の様子を撮影する。
1時間ごとのタイマー撮影と、フレーム内で何かが動いたときにシャッターが切れるセンサー撮影をセットし、就寝した。



IMG_1938.jpg

1時間後。
特に気になるものは写っていない。



IMG_1927.jpg

2時間後。
まだ、何もおかしいものは写りこんでいない。





IMG_1932.jpg

3時間後の映像。
やはり、スカイフィッシュらしきものは写りこんでいない。スカイフィッシュらしきものは何も写りこんでいない。
大事な事なので2回言いました。


このまま何事も無く夜が明けてしまうのか…?そう思った瞬間だった。




IMG_1924.jpg

1時間おきにシャッターを切るタイマーではなく、動体センサーの方が反応した!
もごしの周りを、何かが弧を描きながら飛び回っている。




IMG_1926.jpg

どうやら、発光もしているようだ。
まさか、これがスカイフィッシュなのだろうか…!!





IMG_1934.jpg

動体センサーは、合計で3回反応した。
スカイフィッシュらしき飛行物体に反応したのだろう。
それ以外に動いているものは無い。動いているものなんて絶対無い。大事な事なので2回言いました。



これは一体なんなのだろうか。いずれも、もごしをかすめているように見えるが…









IMG_1948.jpg

やがて、うっすらと夜が明け始めた。
眼下に見える神戸の街が、朝焼けに包まれる。
清々しい朝だった。


ぽち丸は、起きると同時にもごしの様子を見に行った。






IMG_1959.jpg

もごしに、何かが掛かっている…!!
急いで近寄ってみる。




IMG_1956.jpg

何か、布状のものが掛かっている。
掛かっていたもごしは、一度獲物が掛かるとどれだけ暴れてももごし自身がどれだけ汚れても壊れても絶対に獲物に食らいついて離さない、「加護亜依」だった。




IMG_1953.jpg

手にとって見た。
まるで不職布のような手触りだった。
ほんのりと、香料のようなにおいがした。

これがスカイフィッシュなのだろうか。一般的に紹介される写真や絵とは少し違う。





IMG_1955.jpg

広げてみると、ハンカチ程度の大きさだった。
これがスカイフィッシュなのかどうかは分からないが、少なくとも世間一般で言われているスカイフィッシュとは大きく形が異なり、生物のようではない。
食いつく相手を間違えてる事に薄々気付いているにも関わらず、どれだけ自身が汚れようが壊れようが離さない離れない。
さすがは「加護亜依」であった。



「きのう風呂に入れないから寝る前に使った汗ふきサラサラシートのゴミ、どうしたっけ?」
なぜか、スカイフィッシュとは全く関係ない思いが頭をかすめたが、深く考えない事にした。







IMG_1968.jpg

結局、スカイフィッシュを生きたまま捕獲する事はできなかった。
収穫はサラサラシートスカイフィッシュかも知れないサラサラシート謎の布のようなもの1枚だけ。
それでも、どこか満ち足りた朝食だった。

山だけどシーフードだった。






IMG_1941.jpg

神戸の街が、徐々に起きて行く。
幻想的な光景だった。

「次は必ず捕獲してみせる」
ぽち丸は、朝焼けに誓った。








あの作戦から数ヵ月後。


IMG_1778.jpg

地獄谷に、ぽち丸の姿があった。
あれから、ほぼ1月に1度のペースでスカイフィッシュ捕獲野営地に足を運んでいる。

「あの後、職人見習いさんも親方に認められて、のれん分けして自分の工房を持ちました。今や親方です。そののれんに、箔をつけなきゃいけませんからね。必ず捕まえますよ」



いつか、スカイフィッシュを捕獲するその日まで




IMG_1973.jpg

挑戦は、終わらない――――。


(完)




拍手[0回]

PR
この記事へのコメント
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :

カテゴリー
ブログ内検索
tsuinosumikaをフォローしましょう
最新トラックバック
リンク
ブログランキング
各種ブログランキング登録中。
ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村 コレクションブログ おもちゃ・玩具へ
RSS
広告

[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST